ホーム

|

ソフトウェア

|

ダウンロード

|  

FAQ

|  

ご購入

POS機器セットアップ例

※評価版(Lite)は、POS機器非対応です。


 

■「対話式のHealthCheck」の手順 (ドライバの設定)

以下の手順は、EPSON POSプリンタ TM-T〜PM を使用する為の設定方法例です。サーマルプリンタがPCに接続されているか確認して下さい。 

Windowsメニュー「スタート」、「プログラム」、「OPOS」、「SetupPos〜」をクリックして下記画面を表示させてください。

以前、サーマルプリンタをWindowsプリンタドライバで使用していた場合は、プリンタドライバを削除後にセットアップを開始してください。※一度、プリンタドライバとしてインストールしてしまうと、OSをクリーンインストールしなければ、正常に動作しない場合があります。

”Device”からPOSPrinterを選択し、右クリック、メニュー内の”デバイスの追加”ボタンを押します。
”追加するデバイス〜”から使用する機器を選択します。

※対応機器は、EPSON OPOS ADK バージョンによって異なります。必ず、一覧にある機器を選択して下さい。一覧に無い場合は、その機器をご利用頂く事が出来ません。

論理デバイス名に”Unit1”と入力し、”次へ”ボタンを押して下さい。
デバイスの追加」ダイアログの「ポートの作成」ボタンを押します。「TMPORTの作成」ダイアログでは、使用機器に応じた「ポートタイプ」を選択してください。画面では、パラレルが例として選択されています。
ポートが作成された後は、「対話式のCheckHealth」ボタンを押してください。
「実行」ボタンを押して「結果」が成功となれば、プリンタは使用できる状態になります。SetupPOSプログラムを終了して下さい。

■Nyushukka側の設定

次にNyushukkaの設定を行います。デスクトップのメニュー”スタート”→”プログラム”→”Nyushukka”→”Nyushukka〜”を押してプログラムを開始して下さい。

Nyushukkaプログラム、メニュー”ファイル”→”各種設定”を押して、”印刷”タブをクリックして下さい。”通常販売入力後にレシートを発行する”にチェックを入れ、”サーマルプリンタの使用箇所”の”レシート【メイン画面】”等にチェックを入れてください。次に、”サーマルプリンタ設定”ボタンを押します。
”〜論理デバイス名”を先ほどと同じ”Unit1”として、”OK”ボタンを押し、各種設定も閉じて下さい。アプリケーションを再起動すると、プリンタを使用出来るようになります。

※デザインが、最新バージョンと異なる場合があります。


 

■アプリケーションエラー

以下の様なエラーと共に、Nyushukkaが突然終了する場合は、POS機器の設定に誤りがある可能性があります。この場合、すべての設定値を解除後に、最後、やり直して下さい。

ホーム

|

ソフトウェア

|

ダウンロード

|  

FAQ

|  

ご購入

|  

お問い合わせ

このサイトに含まれる社名、製品名は、その版権所有者の商標または登録商標です。

本サイトの著作権は、川崎政則(以後、著作権者)に帰属します。本サイトのデータを、いかなる形でもコピー、複製、再出版、掲示、配布することはできません。